本文へジャンプ

ニュース

一覧に戻る

入学説明会を行いました

 3月20日(月)新入生を対象に平成29年度入学説明会を行いました。全体会では,稲置記念館講堂で校長の挨拶に始まり,学校からのお願いと入学案内について説明した後,各コースに分かれてコースや課題について説明しました。その後,第一体育館で物品購入と制服等の採寸を行いました。

ページの先頭へ▲

全国大会出場激励会が行われました

 3月18日(土)全国大会に出場する男子剣道部・レスリング部・ボウリング部・ソフトボール部の激励会が行われました(当日はソフトボール部は大会出場の為に不在)。
 同窓会からは、副会長の谷村さんから、「全国出場おめでとうございます。日頃の鍛錬と、努力のたまものだと思っています。それらを十分に全国大会で発揮できるように心から応援しています。3万人を超える同窓会が応援していると思います。高校の名前を高しめるように一生懸命頑張って、全国大会での活躍をお祈りしています。頑張ってください」と激励し、激励費を渡していただきました。

ページの先頭へ▲

卒業式が行われました

 3月1日(水)に卒業証書授与式が行われました。
 在校生の優しいピアノと温かい拍手に包まれて、卒業生が入場し、卒業証書授与では、担任の先生方が心を込めて一人一人の名前を呼びあげ、時には涙で止まってしまう場面もあり、3年間の信頼関係の深さを感じました。
 校長先生の式辞では、3年前の入学式の朝の気温が6度であったが、春の日差しが眩しい晴れの日であったことに触れ、会場に時間の風が流れ、あの時の情景を浮かべた生徒や保護者の皆さんも多かったと思います。この3年間を誠実に成長したことを喜び、自分を大切にしてほしい。主体的に生きてほしい。この2つを期待していると伝えました。
 理事長の告辞では、星稜で学んだ生徒は、自分の将来を考え、親のことを思い、厳しく自分を律して生きていってくれるものと確信していると伝えました。
 将棋の名人の話に触れ、「知識」を「知恵」に変えてほしいという活用能力の大切さに触れました。「知識」は正しく使ってこそ社会の為になり、「知恵」にしてこそどんな難問でも解決できる。そうできるために今まで出会った仲間や恩師を頼り、建学の精神の誠実を思い出してください。きっと助けになるでしょうと伝えました。
 答辞では卒業生の代表が、サッカー部で先輩の偉大な記録を目の当たりにし、もがき苦しんだ日々の経験、先輩が築き上げた伝統を守らなくてはいけないプレッシャーを涙ながらに語り、「しかしこのような貴重な経験は星稜だからこそできたもの。未来を切り開く力になる。」と力強く語っていました
 最後に3年間の思い出のビデオが上映され、優しいピアノと温かい拍手に包まれて、卒業生は退場しました。
 そして新しい563名の同窓生が誕生しました。

ページの先頭へ▲

卒業生のクラス幹事を任命

 2月28日(火)に今年度卒業生の中で新たにクラスの幹事になる生徒に集まってもらいました。同窓会からは、総務委員長の内藤さん、事業プロジェクト委員長の山崎さんが出席しました。
 内藤さんからは、同窓会という所は、一番目の目的は「親睦」、二番目の目的は「学校の応援」です。是非やってほしいことは、学年同窓会・クラス同窓会・部活動の同窓会の三つを積極的に行って欲しいということです。そのような活動を通して、昔机を横にした友達と連絡を取りながら、楽しくやっていくことがとても大切になってきます。同窓会活動の中で、どんどん友達の輪を広げていってほしいです。みなさんが集まるときに、同窓会も補助金を出して応援していきます。と話されました。
 山崎さんは、「どこに行っても、星稜を知らない人はいません。また必ず周りには星稜ファンがいますので、卒業したことを誇りに思ってください。」と激励しました。
 最後に、一人一人に委嘱状を手渡しました。

ページの先頭へ▲

同窓会入会式

 2月28日(火)午後より同窓会入会式が行われました。宮野会長より記念品(53期の ロゴ入りUSBメモリ)を代表者に渡しました。また同窓会会長賞として5名・同窓会学年代表幹事に委嘱状を手渡しました。そして宮野会長のお話では、3年前に星稜の門を叩いて、同級生になりました。これは偶然ではなく、必然としてこの仲間ができました。沢山の素晴らしい思い出があると思います。特に1年の時の冬。サッカー部が見事全国制覇したときの埼玉スタジオでの優勝・感動・涙・大きな声で歌った母校の校歌。1年生3年生の時に灼熱の中、甲子園のアルプススタンドで野球部を応援したことなど貴重な経験だったと思います。
 卒業して今だからこそ言える私の思いを伝えたいと思います。それは、「かけがえのない友達ができたこと」「在学中に親身になってお世話をしていただいた先生方と知り合えたこと」です。この二つが私の宝物です。
 建学の精神である「誠実」は、皆さんの身体の中に確実に宿っていると確信しています。この言葉を深く理解してこれからの人生の柱にしていただければありがたいと思います。
 今年は星稜高校創立55周年という節目の年です。10月に記念同窓会を行います。その時期に合わせて同窓会のHPも一新いたします。これから全国のどこに行っても、また社会に出て、世界中のどこに行っても、HPを閲覧して、母校の状況を是非知ってください。同窓会ご入会本当におめでとうございました。と熱く語っていただきました。
 その後、総務委員長の内藤さんから、同窓会役員と活動の紹介をしていただきました。

ページの先頭へ▲

県高校新人スキー大会回転競技で優勝!

 白峰アルペン競技場で行われた、石川県高校新人スキー大会男子の部で、田中君が回転競技で第2位、大回転競技で第3位に入賞、また小津君が回転競技で第3位に入賞し、男子アルペン総合では第2位に入賞しました。女子の部では河端さんが回転競技で第1位、大回転競技で第2位に入賞し、女子アルペン総合では第1位に入賞しました。

ページの先頭へ▲

スキー部森田さん、全国大会で8位入賞

 群馬県片品村で行われた第66回全国高校スキー大会女子回転で森田さんが第8位に入賞しました。

ページの先頭へ▲

河内さん、全国高校文化連盟将棋新人大会で第2位に!

 国立オリンピック記念青少年総合センターで行われた第25回全国高校文化連盟将棋新人大会で、河内さんが第2位に入賞しました。

ページの先頭へ▲

合唱部、県高校ヴォーカルアンサンブルコンテストで金賞

 石川県文教会館で行われた、第29回石川県高校ヴォーカルアンサンブルコンテスト重唱部門で星稜A-3が金賞、星稜A-1、A-2、A-4が銀賞、星稜A-5が銅賞を受賞しました。また、合唱部門では星稜B-1が金賞、星稜B-2が銅賞を受賞し、B部門1位である星稜B-1は北國新聞社社長賞を受賞しました。

ページの先頭へ▲

男子剣道部、全国大会出場へ

 石川県立武道館で行われた平成28年度石川県高校剣道選抜大会兼第26回全国高校剣道選抜大会県予選会で、男子が団体優勝、女子が団体第3位に入賞しました。男子は全国選抜大会への出場が決まりました。

ページの先頭へ▲

森田さん、県高校スキー選手権女子回転で優勝!

 白山市白峰で行われた、第53回石川県高校スキー選手権大会が行われ、森田さんが女子回転で優勝、女子大回転で第2位に入賞しました。また男子では、回転で小津大地君が第3位、大回転で森田伊織君が第3位に入賞しました。入賞した3人は、2月に群馬県片品村で行われる第66回全国高校スキー大会に出場します。

ページの先頭へ▲

弓道部・将棋部激励会

 2016年12月19日(月)に全国大会に出場する弓道部と将棋部の激励会が行われました。
 同窓会会長の宮野さんから、「全国大会出場おめでとうございます。星稜の3万2千有余の同窓生が、みなさんの健闘を祈っていますので、ぜひ頑張ってきてください。今日この壇上に立てるということは、人一倍の努力と、指導していただいている先生方のお力、なによりご家族のご理解とご支援がなければ、今日この場に立つことはできません。自分の周りのすべての人達への感謝の気持ちを持って、臨んでください。日頃の努力の成果を出し切って一つでも高みを目指してください。晴れの舞台ですから楽しんで、自分の力を出し切ってきてください。星稜生として責任と自覚を持って行動してください。全国大会が、青春の1ページになることを祈って、激励の言葉にしたいと思います。本当におめでとうございます。」というお話を頂き、激励費を渡していただきました。

ページの先頭へ▲

新人戦結果報告

 レスリング:滑川市総合体育センターで行われた、全国高校選抜レスリング北信越大会50kg級で中村晟悠君が優勝、55kg級で中村晟笙君が第3位に入賞しました。両名は来年の3月27日(月)~29日(水)に新潟市体育館で行われる、全国高校選抜大会に出場します。
 男子サッカー:能登島グラウンドで行われた、県高校新人大会サッカー競技で、男子サッカー部が決勝戦で金沢桜丘高校に1-0で勝ち、優勝しました。
 体操:加賀体育館で行われた、県高校新人体操大会で、川崎晃くんが個人総合で優勝しました。
 剣道:美川スポーツセンターで行われた、県高校新人剣道大会で、男子が団体優勝、女子が団体第3位に入賞しました。また、個人の部では北井君が第2位に入賞しました。
 弓道:石川県立武道館で行われた、県高校弓道新人大会 女子個人で大茂さんが優勝。また、男子団体が第2位に入賞しました。
 将棋:本校で行われた第25回全国高校文化連盟将棋新人大会県大会で、河内さんが優勝、松岡さんが第2位に入賞しました。河内さんと松岡さんは平成29年2月3日(金)~5日(日)にかけて行われる、第25回全国高校文化連盟将棋新人大会に出場します。

ページの先頭へ▲

全国高校サッカー選手権大会石川県大会 決勝戦のお知らせ

 来る平成28年11月5日(土)西部緑地公園陸上競技場(メイン)にて、12時5分より全国高校サッカー選手権大会石川県大会の決勝戦がキックオフされます。決勝の相手は、石川県高校総体でもあたった鵬学園です。入場料は一般1,000円(前売り800円)で、チケットは石川県サッカー協会事務局で販売されます。
 お時間のある方は、ぜひスタンドに行き星稜イレブンを応援し、今年も全国に行きましょう!!

ページの先頭へ▲

各期代表幹事会が開催されました

 10月22日(土)18時30分よりホテル金沢で星稜高校同窓会各期代表幹事会が開催されました。
 宮野会長から「1期から54期までの同窓生同士しっかり連携をとり親睦を深め、母校や後輩を支援できる組織をつくりたい」旨の思いをご挨拶いただきました。その後は各委員会からの以下事業報告や協力依頼があり、その後懇親を深めました。

  • 関東支部同窓会開催 12/4
  • 来年2017年「55周年各記念同窓会」開催決定
  • ビジネス交流会への参加依頼
  • 同窓会開催や総会開催の支援金について
  • 母校支援に繋がるグッズ販売の依頼 等

ページの先頭へ▲

レスリング部、新人大会優勝!

 志賀町総合体育館で行われた平成28年度石川県高校新人体育大会レスリング競技・第54回石川県高校新人レスリング選手権大会において、男子個人対抗戦50kg級で中村晟悠君が優勝、同じく55kg級で中村晟笙君が優勝しました。中村晟悠君と中村晟笙君は、11月20日(日)に富山県滑川市の総合体育センターで行われる全国高校選抜レスリング北信越大会に出場します。

ページの先頭へ▲

平成28年度星稜同窓会連絡協議会開催

 10月15日(土)18時からホテル日航金沢「桃季」にて星稜同窓会連絡協議会が開催されました。
 当日は学校側から干場校長先生ふくめ5名、同窓会から宮野会長ふくめ11名が参加し、学校側より現況報告があり、同窓会から55周年事業の今後の活動予定を説明し、これからも学校、同窓会の連携をますます緊密にしていく事で和やかに話し合いが行われました。

ページの先頭へ▲

ようこそ先輩 第4弾が行われました

 10月6日(木)に24期の宮本 芳弘氏(あおぞら薬局 ソーシャル事業部 部長兼執行役員 薬剤師)に来校していただきました。
 今回は、もともとあおぞら薬局様から「薬剤師の仕事を紹介」という依頼を受け、そのお話を受けたところ、お話をしていただくのが、本校卒業生ということが分かり、「薬剤師のお仕事紹介」&「ようこそ先輩Vol.4」のダブルタイトルで行うことになりました。
 宮本氏は、当時数学の教科担当であった、現在校長先生の干場先生にあこがれて、教師になることを夢見ていましたが、最終的には薬学の道に進むことになったことからお話がはじまりました。座右の銘は「耐えて勝つ」好きな掛け声は「陸の帝王!」そして、人生を支えている言葉は、本校の建学の精神である「誠実にして社会に役立つ人間の育成」。この言葉から、常に自分が将来、どのような社会に貢献できるかを考えてこられたそうです。まさに星稜同窓生の鏡のような存在で、星稜愛を強く感じました。

 知っていそうで、知らない薬剤師の仕事を、とても丁寧にわかりやすくお話をしていただきました。例えば「病院での薬剤師」「ドラッグストアの薬剤師」「製薬会社の薬剤師」「公務員の薬剤師」等の立場や役割も詳しく説明していただきました。また「服薬指導」では、お医者さんではなく、薬剤師が重複投与の防止を確認し、しっかり説明する大切な責務があることも分かりました。
 最後に今後、ますます薬剤師の存在意義(在宅での薬剤管理・服薬支援等)が増えてくることを訴えて、やりがいがあり、必要とされ、なにより喜びを多く感じることができる仕事であることを話していただきました。
 また北陸大学の先生である小藤准教授からも大学での薬学部の勉強についてお話もしていただきました。
宮本氏の高校1年次2年次のクラス担任でもあった木浦先生が見守る中、仕事着である白衣を着て、本当に一生懸命お話をしていただきました。長時間にも及ぶ話にも関わらず、生徒は真剣に耳を傾け、講演後も質問する場面もありました。
 本当に有意義な時間を過ごすことができました。参加した生徒の中から、人の役に立つ誠実な薬剤師が近い将来生まれることを確信いたしました。

ページの先頭へ▲

野球部秋季大会結果報告

 石川県立野球場で行われた第135回北信越地区高校野球石川県大会が9月27日(火)行われました。4回表に先制され、直後に同点に追いつくなどしましたが、1-5で敗れました。林監督は、10月15日(土)から長野で開催される北信越大会へ向け、「この負けをどう感じて、北信越につなげていくか。ここからどう生かせるかで来年も変わってくると思います。大事な2週間です」と話していました。
 野球部の皆さんお疲れ様でした。これからの選手たちの成長を見守っていきたいと思います。

ページの先頭へ▲

ようこそ先輩 第3弾が行われました

 35期の中島歩氏(国立信州大学繊維学部広報室)に来校していただきました。
 現在母校である信州大学に勤務する中島さんに、まず星稜高校を受験するきっかけから話していただき、高校時代の多くの行事を楽しんだ話や、その当時の写真(修学旅行や甲子園応援等)も見せていただきました。大学受験では、県外の大学に進むことを認めてもらうために、父親の母校である信州大学を選択したところ、喜んで応援してくれて見事合格することができた話なども披露していただきました。
 大学卒業後、新聞社に就職し、平日は主に編集や、情報誌のようなお店の取材を行っていました。週末は地域の取材などであちこちを飛び回り、限られた文字数の中で、限られた時間の中で、一字一句正確な情報を伝えながら、魅力的な紙面を作成する仕事をしてきました。新聞社での10年間の勤務後、母校の広報室の仕事の拠点を移し、自分自身が大学選びのきっかけとなった学部案内の作成に携わることになりました。実際に、高校時代に手に取った「当時の学部案内」と、自分自身が作成に携わった「現在の学部案内」の二つを紹介していただきました。
 今だから言えることとして、高校時代の文系理系の選択について触れ、理系に進んでも、英語や国語はとても大切であることや、不得意科目を嫌いにならないで欲しいと伝えました。大学生活では、将来の自分に大きく影響する場所であり、何をやりたいかを考える場所であり、何をやりたくないかを見極める場所でもあると強調しました。
 今の自分は、本気を出せば何でもできると思っているから、若い高校生の皆さんは、今から何にでもなれると思うし、あなた方の未来は「夢」であふれていますと、可能性を後押ししていただきました。
 最後に、同行された恩師であり、現在一緒に仕事をされている信州大学繊維学部副学部長・広報室長・教授である上條正義氏から、彼女の人となりを話していただき、生徒や先生方から出た専門的な質問にも答えていただきました。
 とても素敵で幸せな生き方をしている姿を拝見し、有意義な時間を過ごすことができました。

ページの先頭へ▲

星稜祭で模擬店を出店しました

 9月8日(木)、9日(金)の2日間開催された星稜祭で、9日、学校支援交流委員会は『同窓会の店』を出しました。
 今年も同窓生の方々から寄付・協賛やご協力をいただき、『同窓会の店』として恒例となりました、星稜牛丼・ドリンク・同窓会マフラータオルをはじめ、今年新調した同窓会Tシャツを販売しました。
 また、生徒のテナント支援として、フライヤー等の貸し出し、プロパンガスの手配、廃油回収等も行いました。
 当日は、午前に時折雨が降り天候が心配されましたが、牛丼も12時過ぎには200杯が完売、また、マフラータオルを買い求める生徒も多く、おかげさまで、大盛況のうちに終えることができました。
 
 ご協力いただいた皆様に深く御礼申し上げます。

ページの先頭へ▲

第55回星稜祭のお知らせ

 第55回星稜祭が9月8日(木)と9日(金)の二日間行われます。8日(木)は一般非公開ですが、9日(金)は例年どおり同窓会テナントとして「星稜牛丼」や同窓会マフラータオル、ドリンク類の販売を行います。当日は、各クラステナントやパフォーマンスなど、楽しい企画満載で皆さまのお越しをお待ちしております。
 また、同窓会テナントをお手伝いいただける方を大募集しております。同窓会事務局まで是非ご一報お願い致します。
 なお、自家用車は高校周辺の駐車場には駐車できませんので、公共の交通機関をご利用になるか、または鳴和台の大学駐車場に駐車して下さい。

ページの先頭へ▲

星稜高校同窓会応援団甲子園へ

 8月10日(水)高校野球選手権第3試合で星稜2点VS市和歌山8点で健闘むなしく敗退しました。
 炎天下の中、得点のチャンスは多々ありましたが、併殺が5回とことごとく得点の芽を潰されてしまいました。
 我々同窓会メンバーはホームラン列車で甲子園で声のかぎり応援してきました。来年こそは星稜校歌を甲子園で選手と共に声高らかに歌わせて下さい。
 選手の皆さん、スタッフ、生徒、学校関係の皆さん、本当にご苦労様でした。

ページの先頭へ▲

第14回稲置学園同窓会ゴルフコンペのご案内

 9月4日(日)恒例の「稲置学園同窓会ゴルフコンペ」の開催をご案内させていただきます。同窓会会員相互の親睦と稲置学園の更なる100周年に向けて、是非とも沢山のメンバーで行いたいと思いますので、皆様方のご参加を心よりお待ちいたしております。
 詳細とご参加のお申し込みについてはこちらのご案内をご覧ください。

ページの先頭へ▲

第98回全国高校野球応援ホームラン列車のご案内

 第98回全国高等学校野球選手権大会の出場を決めた星稜高校野球部の初戦8月10日(水)午後1時の第3試合目、和歌山の市立和歌山となりました。星稜同窓会としてみんなでホームラン列車に乗って応援しましょう。

 申し込みの際は同窓会とお申し出ください。同窓生まとまった席で予約を受け付けます。

 詳細はこちらのPDFをご覧ください。

ページの先頭へ▲

学校見学会が開催されました

 8月1日(月)・2日(火)県内外の中学生2000名以上の生徒が、「学校見学会2016」に参加しました。
 「授業体験」「部活体験」「入試対策」に加えて、1年生Aコースが全員参加する、海外の大学生を招いての「エンパワーメントプログラム」が同時開催され、熱心に海外の学生と討論する姿を中学生が見学できるようになりました。学校見学会での経験が、これからの夏休みの参考になることを祈っています。また同窓会の方々の協力で作成した、記念品「マフラータオル」も中学生に大好評でした。

ページの先頭へ▲

第5回ビジネス交流会を開催しました

 7月30日(土)午後6時よりホテル金沢16Fラズベリーにて第5回星稜同窓会ビジネス交流会を開催しました。
 5回目となる今回前回を上回る72名が参加し、講師にFUDOホールディング代表27期藤田一郎氏が「ここが変だよ不動産」と題して、金沢の地価の現状、新幹線効果、不動産売買、投資の秘訣などわかりやすくご講演いただきました。講演終了後同会場にて名刺交換をし、今の仕事や高校時代の話で盛り上がり、楽しく有意義な時間を過ごすことができました。

ページの先頭へ▲

野球部甲子園激励会

 2年ぶり18回目の第98回全国高校野球選手権大会出場を決めた、野球部の激励会が7月30日(土)に行われました。
 干場校長からは「仲間を信じて、どんな窮地に陥っても最後まで正々堂々と戦ったみんなを誇りに思います」という激励のお言葉があり、次に石川県高校野球連盟会長の宮越様から、「初戦から打線が火を噴き見事に甲子園の切符を手にしました。」とお褒めの言葉のあと、過去の名勝負や偉人の言葉をご紹介いただきました。
 朝日新聞社金沢総局長の城石様から、できたての週刊朝日の原稿の見出し「7人が登板し、7人が本塁打、劣勢でも笑顔を忘れない」を紹介してくださいました。
 生徒会副会長の森君からは、数学者である岡潔氏の“理想の高さが気品の高さになるのである”という言葉が紹介され、「普段の生活においての挨拶や礼儀なども勝利につながったと思います。」という激励がありました。
 PTA会長の長野様からは、心の能力(イメージする力)のお話があり、「心の能力を強力にイメージして頑張ってください。」と選手たちにアドバイスをいただきました。
 宮野同窓会会長は、「全員野球が星稜高校の真骨頂。同窓生みんなで応援しています。この甲子園が素晴らしい思い出になることを祈っています。」と激励し、激励費を手渡しました。
 最後に主将の虎谷君から、「応援が力になったことに感謝し、日本一を目指すことを目標にしています。」と力強い決意の言葉がありました。
 応援バスツアーも予定されていますので、一丸となって球児たちの晴れ舞台を応援していきましょう!

ページの先頭へ▲

学校周辺清掃ウォーク報告

 毎年、同窓生と在校生が協力して行っている「学校周辺清掃ウォーク」が7月30日(土)午前6時30分から行われました。今年は、62名の生徒が参加し同窓生とともに学校周辺のゴミを拾って歩きました。
 当日は朝から晴天で暑い日となり、汗をかきながらの清掃活動となりました。
 学校周辺の通学路がたいへんきれいになりました。参加した同窓生と生徒や先生の皆さん、お疲れさまでした。

ページの先頭へ▲

野球部、甲子園出場決定

 7月27日(水)第98回全国高校野球選手権石川大会の決勝で、星稜は日本航空石川を7対5で破り、見事甲子園出場を決めました。
 試合は4回、寺西君がライトスタンドへのソロホームランを放ち先制。しかしながら、5回には逆転され、6回には追加点を入れられ突き放されました。星稜ナインは気持ちを入れ直し、7回代打、越中君を皮切りに3連打とスクイズで一挙4点を挙げ、逆転に成功。その後、8回には同点に追いつかれましたが、その裏、川岸君が2点タイムリーを放ち、振り切りました。投手陣も力強い粘りのピッチングを見せ、まさに全員野球で勝ち取った優勝でした。
 選手のみなさん本当におつかれさまでした。同窓会からも選手たちに大きなエールを送り、甲子園での活躍を楽しみにしています。

ページの先頭へ▲

全国大会出場激励会

 7月19日(火)の終業式前に「全国大会出場激励会」が行われました。
 今回の出場部活動は、トランポリン、空手道、サッカー、陸上、レスリング、体操、弓道、囲碁、将棋、小倉百人一首かるた、天文、放送部です。
 干場校長先生からは、「暑い日が続きますが、心と体をしっかり整えて、正々堂々と普段の練習の成果が発揮できることを心から期待しています」と激励がありました。
 また宮野同窓会会長は、「周りのすべての方々に感謝して、全国大会に臨んで下さい。星稜は有名な高校ですから、周りの人たちがたくさん見ていますので、責任と自覚を持って活動してください。この大会が素敵な思い出になることを祈っています。」と激励し、各部活動のキャプテンに激励費を手渡しました。
 最後に、生徒会長が、「どこのチームも勝ちたいという気持ちは変わりません。今までやってきたことを信じて、最後の最後まで全力で戦ってきてください。」と熱く語りました。
 その後、空手部のデモンストレーション、それに続いて全校生徒による応援がありました。
 また今回、生徒会の発案により、オリンピック出場が決まった中野選手に対して、全員で折った千羽鶴を紹介する場面もありました。

ページの先頭へ▲

稲置学園理事長就任を祝う会

 7月9日(土)ホテル金沢において稲置新理事長の就任とこれからの稲置学園の益々の発展を祝う会が開催され、馳浩文部科学大臣におかれましては、参院選のお忙しい中、会の開始よりご臨席頂き、心のこもったスピーチをいただきました。
 稲置慎也稲置学園理事長におかれましては現在「星稜100年ビジョン」を進めており建学精神「誠実にして社会に役立つ人間の育成」のもと「星稜の人間教育」を更に発展させ社会が求める人材の育成を目指すと熱く語られました。
 宮野同窓会会長と稲置新理事長とは15期生の同窓生であり、今まで以上に新理事長と手を携え稲置学園の発展に寄与することを約束されました。このパーティには同窓会役員9名が参加しました。

ページの先頭へ▲

第1回星稜同窓会プロジェクト委員会

議事録PDFはこちら

ページの先頭へ▲

学校周辺清掃活動参加募集

 7月30日(土)朝、星稜高校周辺の清掃活動を下記の通り実施します。
 参加希望の方はお申し込みをお願いいたします。

 ▼日時  7月30日(土) 6時30分~7時45分終了予定
 ▼場所  星稜高校第一体育館前集合
 ▼活動内容  ゴミ拾い
 ▼支給  軍手、トング、収集用ゴミ袋
 ▼お問い合わせ  釜田伸一郎
 TEL 090-9448-7434
 Mail axa_no1@yahoo.co.jpaxa-no1.kamada@i.softbank.jp

 朝の爽やかな空気の中、生徒達と一緒にお世話になった街をきれいにしましょう!
 たくさんの同窓生のご参加をお待ちしています。

ページの先頭へ▲

高校総体結果報告

 第18回石川県高校ゴルフ選手権大会男子個人で丸一君が72ストロークで優勝、浅香君が第3位、北村君が第4位に入賞しました。また、男子団体でも優勝しました。
 県高校総体弓道競技において、男子団体が優勝、女子団体が第3位となりました。男子はインターハイへの出場が決まりました。
 金沢市立工業高校体育館で行われた県高校総体体操競技において、川崎君が個人総合で優勝し、インターハイへの出場が決定しました。
 金沢学院大学体育館で行われた県高校総体トランポリン競技において、女子個人Aクラスで杉谷さんが第1位に入賞しました。トランポリン部は8月5日(金)~7日(日)に茨城県取手市で開催される、第41回全国大会に出場します。
 金沢市民サッカー場で行われた県高校総体決勝戦において、男子サッカー部が鵬学園に2-0で勝利し、優勝しました。この結果、全国大会への出場が決定しました。また、日医工スポーツアカデミーで行われた北信越大会で、男子サッカー部は決勝戦で東京都市大学塩尻高校と対戦し、2-0で勝ち、優勝しました。
 福井県営球場で行われた第134回北信越高校野球大会決勝戦で富山県代表の高岡商業に12-4で勝ち、春の北信越大会に22年ぶり9回目の優勝を果たしました。北信越大会は43季ぶり16回目でした。
 長野県上田市の上田西高校グリーンアリーナで行われた北信越高校体育大会レスリング競技で60kg級の貞君が優勝、96kg級で髙山君が優勝しました。
 第55回北信越高校陸上競技選手権大会が行われました。柳谷さんが女子100mで第3位、200mで第1位、戸部さんが1500mと3000mで第3位、吉岡さんが走幅跳で第1位でした。
 石川県内にとどまらず北信越、全国大会でも活躍している選手がいます。3年生は高校での部活動の集大成だと思って後悔の無いように頑張ってください!

ページの先頭へ▲

「下宿生を励ます会」を開催

 6月21日(火)、「下宿生を励ます会」がテルメ金沢で行われました。
 本年度1年生の寮生・下宿生は30名。食べ盛りの野球部、サッカー部、トランポリン部の生徒たちは、焼き肉とご飯10升を全てたいらげ、元気一杯に親睦を深めました。
 生徒の自己紹介タイムでは、それぞれの目標を発表してもらい、「全国制覇」「オリンピック」「世界で活躍する選手になる」等、高い志を持ち、とても頼もしい言葉を聞くことができました。最後に手作りのお土産もプレゼントしました。
 今年も生徒からは大きなパワーをもらい、同窓生メンバーが元気づけられた楽しいひとときでした。みんな夢に向かって頑張ってください。

ページの先頭へ▲

ボランティア清掃活動を実施しました

 恒例になりました「百万石祭りパレード清掃活動」が今年も行われました。
 生徒は72名(毎年参加も増えてきました)や当日部活動後に飛び入り参加してくれた生徒、教職員約80名と同窓会の方々で活動を行いました。新幹線開通から2度目になるパレードは沢山の人たちで賑わっていました。大通りを歩くことができなったことは残念ですが、上級生たちは手慣れた「トングさばき」で次々と大小のゴミを集めてくれました。
 街だけではなく、人々の心の中まできれいになっているようで、本当に気持ちいい活動になりました。

ページの先頭へ▲

総会報告

 5月28日(土)午後6時よりホテル金沢にて平成28年度、星稜高校同窓会の総会が行われました。会場には約70名の同窓生にお集まり頂き、議事が進められました。宮野新会長のもと、小川前会長にはこれまで通り様々な面でご相談させて頂きながら新組織がスタートします。
 続いて同ホテルにて懇親会が開催されました。この4月にご就任されました稲置慎也 稲置学園理事長へのお祝いの花束贈呈式や、小川前会長へのこれまでご尽力頂きましたことへの感謝の気持ちを込めて花束が贈呈されました。馳浩文部科学大臣にも駆けつけて頂き、久しぶりの同窓生交流に花を咲かせ、会場は熱気に包まれました。
 最後は星稜コンバットの披露、全員で校歌斉唱、大野副会長の締めの挨拶で閉会となりました。
 ぜひ来年の総会には皆様もご参加下さい。当日の様子は一部写真でどうぞ。

ページの先頭へ▲

総体・総文激励会

 5月19日(木)に総体・総文の激励会が行われました。校長先生から「本番に向けて、心と体をしっかりピークにもっていけるようにして、いい状態で試合に臨んでほしい。試合中劣勢になっても、最後まであきらめることなく、恐れることなく頑張ってほしい。また優勢になっても、決して気を抜くことなく最後まで思い切ったプレーをして、勝っても負けても悔いの残らない戦いぶりであってほしい。」と激励しました。生徒会長から「3年生は、集大成となる大会なので、最後の最後まで戦って、悔いのないように全員で戦ってください。」と激励しました。

ページの先頭へ▲

野球部県大会優勝

 5月4日(水)に県立球場で行われた北信越高校野球石川県大会の決勝で、星稜が金沢商業を、9回裏の逆転サヨナラの5対4で勝利をおさめ優勝しました。4季ぶり、35回目の優勝です。なお、本大会は福井県で6月4日(土)より行われます。

ページの先頭へ▲

28年百万石まつり清掃活動(参加者募集)

 日時  6月4日(土) 15時30分集合 17時30分終了予定
 場所  東別院山門前集合
 活動内容  16時20分より清掃活動開始(パレードの進捗をみて最後尾通過後に出発)
 中央公園まで
 支給  軍手、トング、収集用ゴミ袋

ページの先頭へ▲

総会のお知らせ

  • 日時:5月28日(土)午後6時~
  • 場所:ホテル金沢(金沢市堀川新町1-1)

 総会終了後に懇親会を行います。お車でのお越しはご遠慮ください。会費5,000円/1人。

ページの先頭へ▲

役員会が開かれました

 4月26日(火)午後7時より同窓会室において役員会が開かれました。会長挨拶の後、総会提出議案、役員改選、稲置新理事長就任祝い等と今後の予定について話し合われました。

  • 常任理事会開催
    5月17日(火)午後6時30分より、星稜大学会議室にて開催いたします。
  • 総会
    5月28日(土)

ページの先頭へ▲

レスリング部、県春季大会団体・個人とも優勝

 石川県高校春季レスリング大会で、レスリング部が団体戦で優勝しました。また、個人戦50kg級で中村君が優勝、55kg級で中村君が3位、60kg級で貞君が優勝、120kg級で髙山君が優勝しました。

ページの先頭へ▲

入学式が行なわれました

 4月8日(金)入学式が行われました。星稜高校としてはとても縁起の良い、松井選手の背番号でもある55期生を迎えることになりました。563名の新しい新入生は、期待と不安いっぱいで入学してきたと思います。
 PTA会長のお話の中で、発明家であるエジソンに触れ、彼が日本を訪れて、京都の竹を使ってフィラメントを作成し試した話や、一万通りの材料を使って試しても成功できなかったことで、「一万回も試してみて今後上手くいくはずがない」と協力者に資金援助を打ち切られそうになったとき、エジソンは「私は失敗したことなどない。ただ一万通りの上手くいかない方法を見つけただけだ。」と言い返したそうです。上手くいかなかったことを失敗と捉えれば、そこでおしまいです。しかしそれは成功するための過程なのだと捉えれば、成功するまでやり続けることができる。同じ現象が目の前に起こっても、その見方によって全く結果は異なってきます。様々な視点と考え方が、皆さんの人生に活路を開いてくれると信じていますと激励していただきました。

ページの先頭へ▲

全国大会出場激励会開催

 3月19日(土)全国大会出場激励会が、レスリング部・囲碁部・ゴルフ部・体操部に対して行われました。同窓会から小島さんが「全国大会出場の皆さんおめでとうございます。ここまでくるにも色々な努力があったと思います。でも次は最後の勝負です。自分が納得のゆく、絶対にやってやるぞという気持ちで頑張ってください。同窓生全員で応援しています」と激励し、激励費を渡しました。

ページの先頭へ▲

新同窓会生の初仕事

 3月18日(金)2年生の学年集会が行われました。2月29日に同窓会に入会したばかりの、今年度の卒業生で晴れて国公立大学に合格した生徒たちが、合格体験記を直接生徒に話す機会になりました。
 司会進行は、2年生の生徒たちが行い、質問を次々と卒業生が答えていく形式でした。勉強時間、お薦めの参考書・勉強方法・気晴らし方法、後輩たちへの温かいメッセージなど、時には緊張した中に笑いが起こるなど和やかな雰囲気で行われました。同窓会入会後の初仕事を見事こなしてくれました。ありがとう。

ページの先頭へ▲

弓道部男子、中部日本大会への出場が決定

 石川県立武道館で開催された石川県高校春季錬成大会において男子弓道部が団体で優勝しました。この結果、中部日本大会への出場が決定しました。

ページの先頭へ▲

スキー部全国高校選抜女子回転で第3位

 長野県志賀高原ジャイアントスキー場で開催された第28回全国高校選抜スキーアルペン大会において女子スキー部の森田さんが女子回転で第3位を獲得しました。

ページの先頭へ▲